シャンプーの安全な成分と危険な成分

あなたの使っているシャンプーは危険な成分入ってない?

大丈夫?

汚れを落としてキレイになるために使っているシャンプーのせいで髪が抜けたり、パサついたり、髪の毛が細くなったりすることもあるんだ。

薬事法という法律で、使用している全ての成分を表示する義務があって、容器に表示されているけれど、私達にはさっぱりわからないよね。

でも、覚えておいて欲しいことがあるんだ。

シャンプーの成分で危険な成分は、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸カリウムといったラウリルや硫酸がつく成分。

これらの成分は強い界面活性剤で、洗車に使われたり工場で使われるものなんだ。

そんな成分の入ったシャンプーで髪を洗うなんてゾッとするよね。

この成分を避けるだけで90%、危険な成分の入ったシャンプーを避けることが出来るんだ。

安全な成分のシャンプーってないの?

アミノ酸系、ベタイン系、両性界面活性剤のシャンプーは比較的安全。

洗浄力が優しいから汚れは落とすけれど、髪の成分を必要以上に落とさないんだ。

覚えておいてね。

抜け毛や薄毛に悩んでいる人は、アミノ酸系の頭皮用シャンプーなどで頭皮環境を整えるといいかも。

症状がひどい場合は、女性向けの育毛剤を使ってみよう。


Copyright © 2006 毛穴の黒ずみ!女性の健康・美容情報集. All rights reserved